代表挨拶

当社は、ペットシッターサービスの提供を事業の軸とし、ペットとの暮らしをより楽しく豊かにするサービスを提供していきます。

ペットを飼う人々がもっと気軽に旅行や外出し、より人生を楽しむためには、信頼できるペットシッターサービスのさらなる普及が必要です。
そのような「安心して利用できるペットシッターサービス」を提供するため、
当社は全米ペットシッター協会に加盟し、最新のノウハウを蓄積しながら、日々サービスの改善に努めております。

「いきものを飼う」という負担ができる限り軽減され、それによって人もペットもより幸せになれるよう、
より良い社会の実現につながるサービスを提供してまいります。

話は変わりますが、私自身は北海道に生まれ、7歳の頃に野良猫を拾い、その後10数年一緒に暮らすなか、
かけがえのない思い出をつくることができました。

自然や動物と共に暮らす良さを原体験として実感したこと。それが当社のビジョンにつながっていると思います。

これからは、当社の目指すビジョンに共感してくれる仲間と共に、
「どうぶつと暮らすことの喜び」を世の中へ広めていきたいと考えております。

代表取締役 大槻心平

Vision
(ビジョン)

『どうぶつと人がより幸せに暮らす世界』

どうぶつは、人に「癒し」、「安らぎ」、「生きる喜び」をもたらしてくれます。

しかし、ただそれだけではありません。自然や他者への思いやりの心を育んでくれる存在でもあります。

ポーミーが実現したいのは「人々がより他者を思いやることのできる社会」です。

どうぶつと人との関わりがより親密になることで、人が変わり、地域や国が変わり、世界はより良いかたちへ姿を変えていく。

わたしたちはそう信じています。

Mission
(ミッション)

『どうぶつと人の暮らしをより豊かにするサービスを提供する』

どうぶつと暮らすことでかけがえのない喜びを得られる一方、日々の世話や体調不良時の対応など、大変な側面もあります。

ご家庭によっては、「世話が大変だから」という理由で、飼うことを諦めてしまうこともあるとよく聞きます。

そのような、どうぶつと暮らす際の大変さや不便さを軽減したうえ、
どうぶつとの何気ない日常が、より楽しく思い出深いものとなる。

そんなサービスをわたしたちは提供していきます。

Pawmy Way

8つの行動指針

サービスを通じて
「感動」を届ける

満足してもらうのは当たり前。満足を超える「感動」を生み出す。

情熱を行動へ

まずは自分の想いありき。内から湧き上がる情熱を力とし、当事者意識を持ってやり切る。

チャレンジする

考えているだけでは何も変わらない。十分考えたなら、まずはやってみる。

新しい価値を創る

常識に捉われず、自由な発想で考える。理想を追求する。

成長と学びを追求する

より良い明日をつくるため、日々研鑽を続け成長していく。

チームワークをする

それぞれの得意を活かし合う。信頼と尊敬に基づいたチーム力を発揮する。

誠実である

人、どうぶつ、物事に真摯かつ謙虚に向き合う。家族や友人に誇れる行動をする。

人生を楽しむ

ポジティブに考え、行動し、まず自分自身が幸せになる。その次は他者を幸せにする。

ペットシッターのお仕事にご興味のある方

お気軽にお問い合わせください

ポーミーのビジョン「どうぶつと人がより幸せに暮らす世界」の実現に共感いただける方、お問い合わせお待ちしております