みなさん、こんにちは!

あちらこちらで紫陽花が見られ、蒸し暑い日々が続き6月らしい季節になってきましたね。

ここで一つ、熱中症のお話をしたいと思います。

熱中症と聞くと、7、8月の炎天下の元で起こる病気だと思われる方が多いのではないでしょうか。
実際に、真夏の暑いなか、部活動で運動していた子供が倒れるなどといった話をよく耳にするかと思います。

しかし、少し雨が多く、どんよりした天気にもなりやすいこの6月の時期にも、熱中症の危険が潜んでいることをご存知でしょうか。
特に、屋外よりも屋内で起こりやすく、猫より犬の方が掛かりやすいと言われています。

*熱中症になる理由 – その①*

《高温多湿の環境》

一般的に気温22度、湿度60%を超えると熱中症に掛かるリスクが高くなると言われています。
特に、長時間閉め切った室内・車の中では、犬・猫は人の何倍も熱中症になりやすいのです。

そして、日中の暑い時間帯のお散歩は避けるようにしましょう。
アスファルトや地面はとても熱くなり、肉球を火傷する恐れがあります。
また、日射の照り返しは犬や猫の背丈だと人の何倍もの暑さを感じます。

*熱中症になる理由 – その②*

犬は皮膚に汗腺がなく、口呼吸と足の裏(肉球)でのみ体を冷やすことが出来るという体のつくりです。
犬は主に呼吸によって体温調整を行い、ハアハアという息遣いで体内に風を送り、唾液を気化させ体内の熱を放出しています。
足の裏からはごく少量ですが汗を掻き、熱を下げる役割を担っています。
しかし、人間のように汗をかいて体を冷やすことができません。
この犬独特の体のつくりのため、ワンちゃんを飼っている方は、より熱中症に気をつけなければいけません。

猫の場合は、呼吸・肉球以外に、頻繁にグルーミングをすることで体温を下げているため、犬よりも柔軟に体温調整が可能です。

*熱中症の予防対策*

熱中症は予防がもっとも重要です。下記を参考に日頃から予防を心がけてみてください。

・換気を行う
・空調や体温を下げるマット等を敷く
・車内に短時間でも犬猫を放置しない
・こまめな水分補給を行う
・朝の早い時間帯・日暮れでのお散歩(長時間の散歩を避ける)

長時間のお出掛けなどは、必ず冷房を付け快適な空調を保つ必要があります。
一時的に凍らせたペットボトルなどをタオルにくるんで置いてやるのも効果的です。

*熱中症の症状*

・口を大きく開けてハアハアと息遣いが荒く、よだれを大量にだす
・嘔吐、下痢
・一時的にふらつく、元気がない
・目や口腔粘膜の充血が見られる

という状態の場合、あなたのワンちゃん・猫ちゃんは熱中症にかかっている可能性があります。
そんなときは、まず一番に体を冷やしてあげてください。
熱中症にかかっているように思えた場合、何十分もかけて病院で診察を受けるより、何よりもまず体を冷やしてあげることが必要です。

・十分な水を与える
・冷房の効いた部屋に移動させる
・冷たいタオルなどを体に当る
・冷水シャワーなどで一気に体を冷やす(特に重症な場合)

など、体温を下げるよう対処してください。

上記のような応急処置をしたうえで、症状が悪化するようであれば、必ずかかりつけの動物病院で診察してもらいましょう。

人間でも辛いこの季節、ワンちゃん・猫ちゃんも同じように感じています。しっかり対策をして乗り切りましょう(^^)