こんにちは!

ここ数日は浜松にも珍しく雪が降り、とても寒い日が続きますね!
皆さまどうか身体を冷やさないようお気をつけくださいませ^ ^

本日は、小さなドーベルマンとも呼ばれる、ミニチュアピンシャーのミナミちゃんと、サビトラ柄の猫、ヤギタマちゃんのご紹介です。

ペットシッター1時間のコースで、4日間お世話させていただきました。

まずはミナミちゃんの写真からご紹介(^ ^)

このピンと立った耳・・・

2179

この小柄な身体・・・

2180

リラックスしたこの表情・・・
2184

2183

やっぱりカワイイですね〜( ^ω^ )

ミナミちゃんは常に元気いっぱい。

特にお散歩が楽しくてしょうがないようで、元気にあたりを駆け回っておりました^ ^

・・・

そしてこちらがヤギタマちゃん。

どうも、こんにちは( ^ω^ )

2181

人馴れした余裕の仕草・・・

2182

ちょっとトンネルに入りつつ・・・

2186

穴から様子を伺いながら・・・

2188

ぴょこんと顔を出してくれました^ ^

2187

このとっても可愛いヤギタマちゃんとミナミちゃんですが、実は一つの家で同居しているんです。

犬と猫、種類は異なれど、とても仲良しです。

ときどきじゃれ合いながら、ストレスなく楽しく暮らしている様子でした。

ところで、「ヤギタマちゃん」という名前、珍しいですよね?

ヤギタマちゃんは元々野良猫だったとのことですが、ご主人様が飼うに至った理由にヤギさんという方が関わったためこの名前になったそうです。

名前にまつわるいろんなストーリーを聞くのは面白いですね〜

ミナミちゃん、ヤギタマちゃん、またお会いできることを楽しみにしています( ^ω^ )


明けましておめでとうございます!

いよいよ2017年が始まりました。今年もどうぞよろしくお願いいたします^ ^

さて、元旦からさっそくですが、いつもポーミーをご利用いただいているワンちゃんたちのご紹介をさせていただきます。

今回は柴犬のクーちゃんとオトメちゃんでございます。

こちらがクーちゃんです。
Qoo-chan01

Qoo-chan02

こちらがオトメちゃんです。
Otome-chan01

Otome-chan02

いつも一緒に仲良くお散歩しています。

比べてみるとクーちゃんのほうがだいぶふっくらしていますね^ ^
QO_01

QO02

QO03

モフモフでとってもかわいいクーちゃんとオトメちゃんは、どちらも柴犬の女の子。

そしてなんと、クーちゃんとオトメちゃんは中国生まれだそうです。

ご主人様が中国に滞在中に出会い、一緒に暮らすことになったとのこと。

そんなご主人様からお聞きしたお話によると、意外にも中国の都市部は犬の幼稚園やしつけ教室が充実しているそうで、日本の地方より多様なサービスがあるようです。中国の都市部では外国人の愛犬家だけではなく、中国人の間でも愛犬家が増えてきているみたいですね。

そんなクーちゃんとオトメちゃんは、しつけ教室にも通っていたこともあってか、ちゃんと言うことを聞いてくれるとっても良い子たちです。

一般的に柴犬は犬の本能が比較的強く残っていると言われ、気性に難があるワンちゃんが時々いるようですが、クーちゃん、オトメちゃんはとても温厚です。お散歩中吠えることはほぼありません。

優しいご主人様のもとで毎日快適に過ごせているというのも良い子でいられる理由の一つかもしれませんね。

これからもずっと、毎日楽しく暮らしてくださいね( ^ω^ )


こんにちは!

今回は、夏休みの数日間お世話をお任せいただいた、柴犬のハクビちゃんをご紹介します。

hakubi-chan6

真っ白でキレイな毛並みにこの横顔。まさに美犬です^o^

ハクビちゃんは3歳の女の子。漢字では「白眉」と書くそうです。

ちなみに、「白眉」というのは中国の故事成語で、意味は「兄弟の中で最も優れている者。また広くは多くの中で最も優れている者を指す」だそうです。三国志のとある逸話から生まれた言葉のようですが、詳しくはウィキペディアをご参照ください。

ウィキペディア「白眉」リンク先

飼い主さまにハクビちゃんのお名前をお聞きしたときは、てっきり真っ白な毛並みで、眉毛も白いからなんだろうなぁと思っていましたが、見た目だけではなくこんな素敵な意味が込められたお名前だったんですね。勉強不足でお恥ずかしい限りです^_^;

ハクビちゃんは若くで元気盛りのワンちゃんです。お散歩中も元気いっぱいに駆け回ります。

お散歩コースは浜松でも自然が豊かな地域、お散歩コースとして素晴らしい環境でした。

hakubi-chan2

hakubi-chan8

この緑豊かなお散歩コースですが、道中にはこの時期はまだ青い「柿」が落ちていることがあります。
そして、その柿を見つけたハクビちゃんは、とても美味しそうに食べてしまいます。

飼い主さまによると、ハクビちゃんは柿が大好きとのこと。
自然の恵み、デザートがお散歩コースに落ちているという、柿好きのハクビちゃんには最高のお散歩コースかもしれませんね。

そんなハクビちゃんですが、元気いっぱいというだけではなく、しっかりと言うことを聞いてくれる賢いワンちゃんです。

hakubi-chan7

とっても姿勢が良いですね^o^
どんなにお腹が空いていても、ちゃんとおすわり・待てをしてくれる良い子でした。

ハクビちゃん、この先も自然豊かなおうちで、優しい飼い主さまと楽しく暮らしてくださいね(^ ^)


こんにちは!

今日は、お盆休みの前後にお世話させていただいた、秋田犬のそらちゃんのお話をご紹介させていただきます。

そらちゃんは14歳の女の子で、クリーム色でフサフサの毛並みのワンちゃん。

そらちゃん

そらちゃん_1

そらちゃん_3

秋田犬というだけあって、見た目は立派な大型犬という印象です。体重は30kg近くあるとのことで、なんと柴犬の3倍近くも大きいんです。

ただ、秋田犬のオスの場合、時に体重は50kg以上になるようなので、秋田犬の中では小柄な方といえるかもしれません。

そらちゃんはちょっと珍しい純血の秋田犬で、親犬はチャンピオン犬になったこともある立派な血統のワンちゃんなんです。

お散歩していると、そらちゃんの大きな姿が人目を惹き、なんとなく目立っているような気がしました。浜松で犬を飼っているご家庭の多くは小型から中型犬で、大型犬の数はそれほど多くないのも目立つ理由の一つでしょう。

今回は1週間以上そらちゃんのお世話をお任せいただきましたが、その間、吠える、飛びつく、他のワンちゃんにちょっかいを出すなどはまったくなく、とても大人しい温厚なワンちゃんでした。

そんなそらちゃんですが、生まれた時から現在の飼い主さまのところで育ったわけではなく、昔はアメリカ人の英語講師の方に飼われていたそうです。

その後、その英語講師の方は事情により日本を離れなければならなくなり、そのままだとそらちゃんを育てる人が誰もおらず、最悪の場合、保健所に引き取ってもらう可能性もでてきました。

当時、飼い主さまはその英会話教室に通われており、そらちゃんのそんな状況を知ることになりました。そして、大型犬ということもあり色々と悩みはしたものの、結局引き取って一緒に暮らすことを決めたというのが、そらちゃんが飼い主さまのご家族となったいきさつだそうです。

優しい飼い主さまに迎え入れられて本当に良かったです。

これからもご家族で楽しくお幸せに暮らしてくださいね^ – ^