先日は、生まれてまだ約2ヶ月のかわいい黒猫ちゃんをお世話いたしました。

 

この子の名前は「ナオミちゃん」と言います。

 

この名前は、あのぽっちゃりタレントの渡辺直美さんのように、大きく元気に成長するようにという願いを込めて名付けられたそうです。

 

実は、この子は保護猫で、もともと猫好きだった飼い主さまが里親として引き取り育てることにしたとのことです。

 

わたしたちがお世話した2日半の間、ナオミちゃんはモリモリご飯を食べ、おもちゃを追って元気いっぱいお部屋を駆け回っていました。

 

1日2回、多めの時間をおもちゃで遊んでいたせいか、心なしかナオミちゃんの運動能力がアップして、より俊敏な動きをするようになったと感じました。その変化、成長がたった2日で感じられるのは、子猫を育てる大きな楽しみのひとつですね。

 

とても優しく大切にしてくれる飼い主さまの家族になったナオミちゃんは幸せ者だと思いました。

きっと将来は元気で立派な身体の黒猫ちゃんになるでしょう。

 

また元気に大きく育った姿をお目にかかれることを楽しみにしております( ^ω^ )

 

naomi-chan1

naomi-chan3


こんにちは!

7月も残りあとわずか。いよいよ夏休みが本格的に始まりますね!

連休を利用してどこかへご旅行の予定を立てている方も多いかと思います。

そんな今年の夏休みですが、お出かけの間、ペットのお世話にお悩みではありませんか?

「お出かけの間、ペットのお世話をお願いできる人が見つからない・・・」

「近所のあの人に今回もお願いしようかな・・・でもやっぱり気がひけるなぁ」

「いつも通りペットホテルに預けようかな・・・でもうちの子はイヤがるんだよね・・・」

そんな悩みをお持ちの方は、ポーミーペットシッターへまずお気軽にご相談ください!

お客さまのご自宅へプロのシッターが伺い、心を込めてご希望に沿ったお世話をいたします。

なお、ポーミーはお得な夏休み特別キャンペーンを開催中です!

このキャンペーンでは、「ハイシーズンによる割増料金なし」、「一回分のお世話を30%割引」を8月6日(土)〜8月21日(日)の間のお世話に適用いたします。

残りの枠はあと「5名様」のみとなっております。

どうぞお早めにお申し込みくださいませ^^


みなさん、外からは蝉の鳴き声が聞こえ、いよいよ夏を感じる時期になってまいりましたね。
3連休はいかがお過ごしでしょうか?ご旅行等へ行かれた方は、道中お気をつけて楽しんでくださいね!

今回の3連休ですが、ご旅行などで外泊されるお客さまから、ポーミーへたくさんのご依頼を頂いております。
この時期のお留守番は、ペットの種類を問わず、暑さや水分補給などの点において特に気をつける必要があります。
そんな何かと気を使うこの時期のお留守番ですが、わたしたちは「安全第一」でそれぞれのご家庭に合ったお世話をいたします。
大切なペットにお留守番をしてもらうご予定のある方、どんな些細なことでも結構です。まずはお気軽にご相談くださいませ。

さて、本題ですが、ポーミーは本日より《限定先着20名様》で夏休み特別キャンペーンのお申し込みを受付いたします。
キャンペーン期間は「8月6日(土)〜8月21日(日)」で、その期間のお世話は繁忙期の割増料金を「無料」とさせていただきます。
すでにご依頼をいただきましたお客さまにつきましても、日頃の感謝を込めて割増料金はなしとさせていただきます。

8月の連休にご旅行に行かれる方、大切な猫ちゃん、ワンちゃんにお留守番してもらう必要がある方、
お早めにポーミーペットシッターまでお申し込みくださいませ!
ペットシッターを初めてご利用するので色々聞いてみたいという方は、まずはお気軽にお問い合わせくださいね(^ ^)

みなさまが楽しい夏を過ごし、かけがえのない思い出をつくれるよう、わたしたちがお手伝いいたします( ^ω^ )


前回のブログで「浜松市は犬の飼育数が日本一」ということをお伝えしました。
そんな浜松の方はもちろん、ご当地の磐田の方はすでにご存知かもしれませんが、
誰もが知っているあのゆるキャラ、「しっぺい」についてのお話をしたいと思います。

↓前回ブログ↓

「しっぺい」は2012年8月1日にデビューした、ご存知の通り静岡県磐田市公認のゆるキャラです。
浜松市の「家康くん」のデビューが2011年なので、少しあとですね。ゆるキャラブーム全盛の頃でしょうか。

そのしっぺいですが、年に一度のゆるキャラ人気投票「ゆるキャラグランプリ」では、毎年良い位置にランクインしています。


ゆるキャラグランプリ しっぺいの投票数ランキング
2015 12位
2014 10位
2013 9位

特に磐田市では車にステッカーを貼っている方をけっこう見かけたりなど、とても愛されているキャラだと実感します。
犬をモチーフにしたゆるキャラの中では抜群に可愛いので、その人気の理由も納得ですね。

そんなしっぺいですが、かわいいだけではなく、なんとも興味深い言い伝えがあるんです。

その言い伝えは、磐田市内にある「見付天神」に古くから言い伝えられてきました。
むかしむかし、1308年の鎌倉時代のこと。今では「見付天神裸祭り」として毎年盛大に行われている国の重要無形民俗文化財に指定されている祭りがありますが、当時は「泣き祭り」といって、若い娘を妖怪に人身御供(生贄)として差し出すなんとも恐ろしい、悲しい祭りだったそうです´д` ; 

毎年、白木の棺に娘を入れて、山道を進み、天神社前に下ろすと、地響きが鳴り妖怪があらわれ、棺をかき破り娘を食べてしまっていたようです( ; ; )恐ろしすぎですね´д` ;

そんなこんなで皆が苦しんでいる中、雲水さんというお坊さんが哀れに思い、いろいろと頑張った結果、妖怪たちが「悉平太郎がこわい」という情報を掴みました。ちなみに悉平太郎とは犬で、しっぺいのモデルです。

そして、その雲水さんが、信濃の国、今でいうと長野県南部の駒ヶ根市のお寺で悉平太郎を見つけ、妖怪退治の助っ人として借り受けました。

そして、翌年またあの恐ろしい祭りが始まるとき、若い娘の代わりに、犬の悉平太郎を棺に入れて、怪物のもとへ連れていきました。

怪物は娘だと思って、棺をかき破り娘を食べようとしたら、こわがっていた悉平太郎が入っていたんですね。
そして、悉平太郎が逆に怪物に襲いかかり、長い格闘の末、妖怪を退治し、村人は悉平太郎に大感謝したというお話。

だいぶ要約しましたが、それが「しっぺい」にまつわる言い伝えなんです。

ちなみに、その妖怪とは「ヒヒ」だったそうです。
ひひ

うーん、こいつが・・・(´・_・`)

もっと知りたくなった方は、ぜひ磐田市の市営つつじ公園の中にある、悉平太郎を祀る霊犬神社へ足を運んでみてはいかがでしょうか?

↓参考リンク↓
http://mitsuke-tenjin.com/

あなたのワンちゃんを連れて行くと、何か御利益があるかも?
しっぺいのお守りやおみくじもあるみたいですよ〜

ではみなさん、良い1日を☆


「ペットホテル」には馴染みがあっても、「ペットシッター」というサービスにピンと来ない方は結構いらっしゃるのではないでしょうか。
そんな「ペットシッター」ですが、実はペットホテルにはないメリットがいくつもあるんです。そのメリットを5つにまとめてみました。

一つ目のメリットは「いつもと同じ環境でストレスのないお留守番ができる」ことです。

ペットホテルが苦手で、ストレスを感じたり体調を崩してしまう子の場合は、なるべく環境が変わらずお留守番するほうがいいですよね。
特に室内飼いの猫ちゃんなどは、人の出入りが多く、隣でワンちゃんが吠えるなどしているペットホテルでは大きなストレスを受け、体調を崩してしまう場合があります。その点、ペットシッターはいつもと同じ環境で過ごすため安心です。

また、人見知りでマイペースに過ごしたい猫ちゃん、ワンちゃんにとっては、シッターが妙にスキンシップしてきたり、長々お部屋にいないほうがきっと良いですよね?
そんなときにオススメなのが、ポーミーペットシッターの「シッター30分コース」です。
こちらは、最小限のお世話のみ行い、シッターはそそくさと退室いたします。
できるだけいつもの環境で過ごしていただくためのお得なプランです。

二つ目のメリットは、「より衛生的で安全」なことです。
ペットホテルは複数のワンちゃん、ネコちゃんがおり、人の出入りも多い場合があります。
動物や人の出入りが多いほど、病気の感染リスクが高まると言えますが、ペットシッターはその点でより安心できます。
さらに、ポーミーのペットシッターに関しては、社内ルールに従って消毒・除菌などの衛生管理を徹底しています。

三つ目のメリットは「料金」です。
ペットホテルでは1頭ごとに料金が発生するのが一般的ですが、ポーミーペットシッターは2頭までのお世話は「追加料金無料」でご対応いたします。
3頭目からはプラス500円(税別)でお世話いたします。特に多頭で飼育されているお客さまにとってはとてもお得です。

四つ目のメリットは、「送迎不要で楽チン」なところです。
近くにペットホテルがないご家庭は、送迎に結構なお時間がかかってしまいます。
「時は金なり」ということわざがあるように、時間を節約することと、お金を節約することはある意味同義ともいえます。
ペットシッターをご利用いただければ、空いた時間をほかのことにお使いいただけます。

五つ目のメリットは、「防犯対策」です。
ペットシッターは1日1回または2回ご訪問し、ペットのお世話と合わせてお客さまのご自宅の様子をチェックいたします。
これはご自宅への定期巡回のような役割を果たします。
お客さまの外出中、ご自宅に人の出入りがあること自体に一定の防犯効果があるといえます。
また、万が一、シッターが異常を確認した際にはすみやかにお客さまへご報告いたします。

以上の通り、ペットシッターのご利用にはいくつものメリットがあります。
ペットを預けて外出される際は、「ペットシッター」という選択肢をぜひご検討ください!


本日は参議院選挙ですね!みなさん忘れずに投票にいきましょう!

ところで、ご存知でしたか?

特に浜松市にお住まいのみなさん。

タイトルにもあるとおり、実は浜松市は日本一犬の飼育数が多い都市なんです。
それも、ダントツ、圧倒的に一位なんです。

ただ、一位といっても、犬の総数ではなく、世帯あたりの飼育数です。

いずれにせよ、世帯比でみると浜松市は他の都市に比べてとんでもなく犬の飼育数が多いことに間違いありません。
これって、意外と浜松市民も知らない事実ではないでしょうか?

まずは、下記のグラフと表をごらんください。

スクリーンショット 2016-07-10 0.11.38

スクリーンショット 2016-07-10 0.11.30

政令指定都市オンリーのランキングなのですが、浜松市の世帯あたりの犬飼育率は、全国平均をはるかに上回り、二位の相模原市にも圧倒的に差をつけています。

なぜ浜松市にはこんなに犬が多いのでしょうか?

この疑問を解消すべく、何人もの浜松の専門家、詳しい人に聞いてみましたが、未だに理由は明確になっていません。温暖な気候、広い土地、製造業従事者の比率、など考えられる要因はいくつもありますが、はっきりとはわからないのが現状です。

ただ一つ間違いなく言えることは、浜松市民の犬好き率は日本一ということではないでしょうか。
犬を飼っている率が多いということは、そういうことだと想います。

そんな浜松市ですが、「犬」を切り口に町おこししちゃっても良いのではないかと考える今日この頃です。犬は日本におよそ1,000万頭いると日本ペットフード協会の統計で発表されています。全国の犬好きを集めればものすごい経済効果があるはず!

浜松市の関係者のみなさん、大河ドラマ・おんな城主直虎推しと合わせて、「犬」をもっと浜松市の売りにしてみてはどうでしょうか?

例えば、犬関連のイベントをもっと頻繁に開催して全国から人を集めてはどうでしょうか?
隣の磐田市のゆるキャラ、「しっぺい」と協力してイベントをやってもいいかも?
また、犬公方と呼ばれた「徳川綱吉」と「家康くん」のコラボなんかいかがでしょう?
生類憐れみの例を出した綱吉って、動物愛護活動の象徴にもなり街のイメージアップに良いのでは?家康の子孫でもありますし・・・

話がまとまらなくなってきたので、それではこの辺で失礼いたします!