みなさんにとってペットとはどんな存在でしょうか?

時々イタズラしたり迷惑なこともするけれど、一緒にいるだけで多少のイヤなことも忘れさせてくれる、かけがえのない大切な存在。
きっとそんな感覚をお持ちの方が多いと思います。

そんな存在であるペットですが、もはや「ペット」と呼ぶのはしっくりきませんよね。
「家族」や「親友」、あるいは「子ども」といった感覚を持たれている方のほうが多いのではないでしょうか。

そんなペットですが、人と動物(ペット)の関係は時代とともに変化し続けています。
ひと昔、ふた昔前は、「番犬」や「ネズミ対策」など、どちらかというと実用的な目的で飼育している家庭が多かったわけですが、近年は室内飼いが増え、番犬として飼っているという方は明らかに減っています。ましてやネズミ対策で猫を飼っている家庭などほぼ存在しないでしょう。

ようやく本題ですが、犬や猫など、家畜ではない動物を飼う習慣って、いつからあるのか疑問に思ったことはありませんか?

どのように人が犬や猫を飼いはじめたかについては、さまざまな説があります。

今から数万年前、私たちの祖先がユーラシア大陸に進出した際にオオカミを飼いならした説、
もともと犬はオオカミと別の種として進化しており、生活圏が重なる過程で共同生活が始まった説、などがあります。
いずれにせよ、オオカミが現在の犬の祖先で、犬と人は1万年以上前から共同生活していたというのが通説です。

では、なぜ犬と人間が一緒に生活し始めたのでしょうか。

それは、犬の鋭い聴覚や嗅覚、狩りの能力などが人間にとって有益だったからです。

狩りのパートナーとしての役割はもちろん、夜間に危険が近づいた際は、感覚の鋭い犬が吠えることで、人は事前に危険を察知できました。
そして、農耕時代に入り、定住生活が始まるようになると、犬は家畜を追いやったり、まとめたりする統率力によって人の役に立ちました。
何千年、何万年も前から「番犬」、「猟犬」、「牧羊犬」として人間にとってかけがえのないパートナーだったのが「犬」です。

番犬、猟犬、牧羊犬など、それぞれの役割に最適に交配されてきた結果、いまや犬の種類はなんと343犬種存在するとされています(国際畜犬連盟: Fédération Cynologique Internationale: 略称FCIより)。とても覚えきれませんね(*_*)
それぞれの犬種の歴史については、今後少しずつブログに書いていきたいと思います。

では、「猫」はいったいどんな経緯で人と生活するようになったのでしょうか?

こちらも様々な説がありますが、あいまいで不確かな部分が多くはっきりしていません。
しかし、犬ほど実用的な理由ではなく、たまたま人間と猫の生活圏が重なり、人がエサを与え始めたことで共生が始まったとも言われています。

「飼い猫の歴史」については、また次回のブログで詳しくお話したいと思います(^ ^)


みなさん、こんにちは!

あちらこちらで紫陽花が見られ、蒸し暑い日々が続き6月らしい季節になってきましたね。

ここで一つ、熱中症のお話をしたいと思います。

熱中症と聞くと、7、8月の炎天下の元で起こる病気だと思われる方が多いのではないでしょうか。
実際に、真夏の暑いなか、部活動で運動していた子供が倒れるなどといった話をよく耳にするかと思います。

しかし、少し雨が多く、どんよりした天気にもなりやすいこの6月の時期にも、熱中症の危険が潜んでいることをご存知でしょうか。
特に、屋外よりも屋内で起こりやすく、猫より犬の方が掛かりやすいと言われています。

*熱中症になる理由 – その①*

《高温多湿の環境》

一般的に気温22度、湿度60%を超えると熱中症に掛かるリスクが高くなると言われています。
特に、長時間閉め切った室内・車の中では、犬・猫は人の何倍も熱中症になりやすいのです。

そして、日中の暑い時間帯のお散歩は避けるようにしましょう。
アスファルトや地面はとても熱くなり、肉球を火傷する恐れがあります。
また、日射の照り返しは犬や猫の背丈だと人の何倍もの暑さを感じます。

*熱中症になる理由 – その②*

犬は皮膚に汗腺がなく、口呼吸と足の裏(肉球)でのみ体を冷やすことが出来るという体のつくりです。
犬は主に呼吸によって体温調整を行い、ハアハアという息遣いで体内に風を送り、唾液を気化させ体内の熱を放出しています。
足の裏からはごく少量ですが汗を掻き、熱を下げる役割を担っています。
しかし、人間のように汗をかいて体を冷やすことができません。
この犬独特の体のつくりのため、ワンちゃんを飼っている方は、より熱中症に気をつけなければいけません。

猫の場合は、呼吸・肉球以外に、頻繁にグルーミングをすることで体温を下げているため、犬よりも柔軟に体温調整が可能です。

*熱中症の予防対策*

熱中症は予防がもっとも重要です。下記を参考に日頃から予防を心がけてみてください。

・換気を行う
・空調や体温を下げるマット等を敷く
・車内に短時間でも犬猫を放置しない
・こまめな水分補給を行う
・朝の早い時間帯・日暮れでのお散歩(長時間の散歩を避ける)

長時間のお出掛けなどは、必ず冷房を付け快適な空調を保つ必要があります。
一時的に凍らせたペットボトルなどをタオルにくるんで置いてやるのも効果的です。

*熱中症の症状*

・口を大きく開けてハアハアと息遣いが荒く、よだれを大量にだす
・嘔吐、下痢
・一時的にふらつく、元気がない
・目や口腔粘膜の充血が見られる

という状態の場合、あなたのワンちゃん・猫ちゃんは熱中症にかかっている可能性があります。
そんなときは、まず一番に体を冷やしてあげてください。
熱中症にかかっているように思えた場合、何十分もかけて病院で診察を受けるより、何よりもまず体を冷やしてあげることが必要です。

・十分な水を与える
・冷房の効いた部屋に移動させる
・冷たいタオルなどを体に当る
・冷水シャワーなどで一気に体を冷やす(特に重症な場合)

など、体温を下げるよう対処してください。

上記のような応急処置をしたうえで、症状が悪化するようであれば、必ずかかりつけの動物病院で診察してもらいましょう。

人間でも辛いこの季節、ワンちゃん・猫ちゃんも同じように感じています。しっかり対策をして乗り切りましょう(^^)


【ペット専門送迎サービス始めます】

ポーミーの社用車、スズキのエブリィを黒ナンバーに変更しました。これによって、今後ポーミーは軽貨物輸送業を正式に行うことができます。

そこで、弊社はペット専門の送迎サービス、『ポーミーペットタクシー』を7月中にスタートいたします!

ペットの送り迎えをしないといけない。。でもそれが出来ない。。という状況は誰にでも起こり得ます。
そんなとき、以下のようなお出かけ先、目的のために、あなたのペットを大切に送迎いたします。

○動物病院
○トリミング
○ドッグカフェ
○ペットホテル
○ドッグラン
○結婚式場
○葬儀場
○引っ越し
○駅
○空港
○旅行
○帰省
○里親譲渡・譲受

料金や利用方法など、詳細はまた後日公開いたします(^^)